<< 働かざるもの     どん底までいけただろうか >>